2018・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/01/07 (Mon) ガイルクSS/感触の話

こんばんは大樹です。
ツイッターからサルベージ…確認したら半年ぶりぐらいですね!

さていつものことですが、相変わらずフェチっぽい短文です…屋敷時代。
深夜のノリしかしちゃんと服着てる設定なので、その上で追記よりどうぞ~v↓




ガイルク、屋敷時代
【やわらか戦線】


 与えられると判れば、嬉々として目を閉ざす。やわらかに触れてくるそれ。
 今日も俺はそんな風に、薄っぺらなシーツと背中が立てる音を楽しんでいる。時折抵抗に、髪が引っ張られるのも悪くない。
 むしろ気持ちがいい程。
 尖らせた己の唇を、まるでデザートのシフォンのように温く乾いた肉に押し当て、吐息ごと食べる。
 次にどう味わってやろうかとついばみながら悩めるなんて、最高の贅沢だ。

「…、ルー…」

 見下ろす上唇をくわえ直す。ふつ、と濡れた音に交じる低音。
 ガイの起こす振動に、俺の唇も一緒に震える。
 まだ、まだだ。使用人はご主人様より先に食べてはいけない、そういう決まりだろう?
 シーツの下で蠢くのは、俺の肢体ばかりじゃない。
 肌を撫でる悪い手を阻み、捕まえて。俺専用の、やわらかな寝台に押し付ける。
 重なる熱同士はとうに伝わり合って、心地よい痺れに、思わず獲物に歯を立てたりすることもあるけれど。

 真夜中、真昼の秘密の食事。やわらかな俺の戦場にて。


+++++




襲い受け、というかそんな感じです。
たまにはルークもガイを食べたくなるんじゃないかなーと
寒くなると、お布団の感触って抗い難いですよね。

そんな感じの妄想スタートです。
今年もガイルクいっぱいでありますようにっ♪♪
訪問も拍手も本当ありがとうございます、元気頂いてます!!
ではまた~^^*

スポンサーサイト

ネタメモ | trackback(0) | comment(0) |


<<リセットはっしんしん | TOP | 新年の村>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kusunokiste7frogist.blog90.fc2.com/tb.php/700-266937e8

| TOP |

プロフィール

楠大樹

Author:楠大樹
訪問ありがとうございます!
楽しんで頂ければ幸いです。
コメント大歓迎、掲示板↓
でもOKです。


【管理人の簡易ゲーム歴】
○ポケモソ:
 緑・銀・水晶・エメ・真珠・炎赤・白金・青救・牧場・魂銀・黒・AR・白2・Y
○テイルズ:
 クリア→A・S-R・I・NDX・X2・X・S-UP
 途中→PX・E・V・MY2・H・VS・A3DS・TB
詳細なのはこちらの記事

旅人のあしあと

CalendArchive

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

Twitter

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

お気に召しましたらポチっとどうぞ☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。